OFFICIAL SPONCOR
開催要項

大会名

「走って隔離服を寄付しよう」サンスポ千葉マリンオンラインマラソン2021

大会趣旨 ご参加の皆様へメッセージ

サンスポ千葉マリンマラソンは、2020年冬、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策が困難なことから中止となりました。
楽しみにしてくださっているランナーの皆様に、少しでも大会の雰囲気を感じてもらえればとオンライン大会を企画しました。
また45回を迎える本大会に45年間、医療・救護係としてご協力頂いた医師、看護師、消防署など全ての医療関係者に対して、これまでの感謝と新型コロナウイルス感染症の対応に日々頑張っていただいていることに対しての支援の一助となればと、1エントリーごとに「隔離服」1枚以上(枚数選択式)を千葉市へ寄付いたします。皆様、奮ってご参加ください。

千葉市陸上競技協会 会長 高津乙郎

概  要

参加者はエントリーした種目の距離を、個々で好きな場所を選んで走ります。
参加者各自にて対象の距離を走行後に、専用アプリより主催者にタイム等を申告していただきます。

コ ー ス

参加種目の規定距離を、参加者が自由に決めたコースで走っていただきます。

開催期間

2021年2月20日(土)0:00〜3月7日(日)23:59〈16日間〉 21日(日)23:59〈30日間〉

申込期間

2020年12月25日(金)10:00〜2021年2月11日(木)23:59 3月4日(木)23:59

申込方法

一般のエントリーサイトから募集します。エントリーののち、イベント開始日までに主催者よりナンバーを付与いたします。

参加資格

・指定の大会開催期間内(2021年2月20日(土)~3月7日(日) 21日(日) )の走行日に満18歳以上で、
 且つ本大会の申込に際して、大会規約に同意し順守できる方。
・スマートフォンまたはスマートウォッチを所持している方で、その端末にランニングアプリを
 インストールのうえGPS機能と連動させ、開催期間中に記録計測を行うことができる方。

募集定員

なし

参 加 費

2,500円<税込み>
1エントリーにつき参加賞タオルと寄付用「隔離服」1枚
(隔離服の追加のご寄付は1枚あたり1,000円で選択可能です)

参 加 賞

サンケイスポーツオリジナルタオル

寄付隔離服

名称/アイソレーションガウン 1セット(帽子付) ISG101S5

全1カラー:Fサイズ
生地素材:SS不織布(28g/㎡)スパンボンド不織布、PE塗布による2層構造
滅菌加工:X線照射滅菌加工対応。
商品の特徴:帽子付き、袖リブ付き、X線照射滅菌加工
販売元:フェリック株式会社

寄付先

千葉市
https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/hokenjo/kansensho/coronavirus_kihu.html

寄付オプション

隔離服追加ご寄付[料金]1枚1000円<税込み>
※隔離服(参加費には寄付用「隔離服」1枚込み)追加ご寄付をご希望の場合は、
 エントリーと同時に別途オプション「寄付する隔離服枚数」を選択しお申し込み願います。
※合計枚数が101枚以上にならないようにしてください

抽選会

完走してアンケートに答えていただいたなかから「次回大会への参加無料権利」や千葉の物産品等が当たる抽選会を実施します
(数量調整中)。
※尚「次回大会への参加無料権利」 につきまして諸般の事情を鑑み主催者が開催中止または延期と判断した場合は、
 無効となります。ご了承ください。

表  彰

無し

種目・部門

①種目:ハーフマラソン
 部門:1、男子の部 2、女子の部 3、団体の部(1チーム3人でエントリーし3人合計のタイムで競います。
    男女は問いません
    個人の記録は男子の部、女子の部にそれぞれ反映されます)
    ※団体の部はスポーツエントリーのみの申込みとなります。

②種目:10キロ
 部門:4、男子の部
    5、女子の部

競技ルール

・各種目とも、日付をまたがずに開催期間中の一日以内で走ってください
・ハーフマラソン団体の部は、登録したチーム3人のタイムを合算します
 各参加者は開催期間中の一日を選び(3人が同じ日でなくてもよい)、
 それぞれ個人で走ってください。集計は主催者にて実施します



大会規約

保険に関して

 1 主催者は、大会開催期間中の参加者自身の傷病や紛失、その他事故について一切の責任を負いません。オンラインイベントという本大会の性質上、上記補償が付保できませんので、参加者自身の責任のもと参加してください。

走行上の注意点

 2 持病のある方はもとより、体調を十分に整えたうえで参加してください。  3 走行中に体調が悪いと感じた場合は、決して無理をせず棄権するようにしてください。  4 走行地域の気象情報に十分留意し、気象注意報や警報の発令中に走行しないでください。  5 走行する地域の交通ルールを必ず順守して参加してください。スマートフォンやスマートウォッチを見ながらの走行や車道走行は大変危険ですので、おやめください。  6 交通ルールの順守と新型コロナウイルスの感染予防が可能なコースであれば、参加者自身で自由に設定してください。ただし、実際の「千葉マリンマラソン」のコースは車道がコースの一部となっていますので、絶対に走行しないでください。  7 夜間の走行時には、反射材やヘッドライト等を装着し、安全を確保してください。  8 走行時に携帯するスマートフォンやスマートウォッチは、走行前に充電を済ませてください。なお、充電時にかかる電気代は自己負担となります。

計測方法及び制限時間

 9 本大会の計測は、スマートフォンやスマートウォッチのGPS機能と、走行分の距離とタイムが計測可能なランニングアプリ(指定なし・スマートウォッチを使用する場合はスマートフォンと連動できるものに限る)で行います。タイム申告は自己申告制で、使用したランニングアプリで【走行日・走行距離・タイム】の3項目が確認できるページのスクリーンショット(写真撮影でも可)を大会指定のスマートフォン専用アプリ「MYLAPS Sporthive Live Events(以下、大会指定アプリと称する)」に送信して行います。詳しくは、大会公式HP及び大会指定アプリ内の本大会ページにて必ずご確認ください。 10 タイム申告時に必要となる大会指定アプリは、自身が使用するスマートフォンにインストール(iOS端末:バージョン11以上/Android OS端末:バージョン4.1以上に対応・GPSや計測機能はありません)し、登録・ログインを大会開催期間終了までに余裕を持って行ってください。なお、大会指定アプリの利用料は無料ですが、インストールやアプリ起動中にかかるパケット通信料は全て参加者の自己負担となります。 11 ランニングアプリを使用して計測を行うオンライン大会の性質上、小数点第2位以下の距離(km)は計測が難しい点を考慮し、本大会の計測対象距離は【ハーフ=21.1km(10km=10.0km)】とします。タイム申告時に使用するランニングアプリのスクリーンショット情報で、距離が21.1km未満の場合は棄権、21.1kmを上回っている場合も21.1kmとみなし、タイムはスクリーンショット情報のままが対象となります(=新たに21.1km分のタイムを算出することはしません)。(例:21.1kmを上回る21.3kmを走ってしまい、1時間20分30秒という記録だった場合、余計に走った0.2km分は考慮せず、1時間20分30秒が大会記録となり、これに基づきリザルトを出します。) 12 ランニングアプリを使用して計測を行うオンライン大会の性質上、10分の1秒単位の計測が難しい点を考慮し、10分の1秒単位以下のタイムは切り捨てとします。(例:21.1kmの計測結果が1時間20分30秒85だった場合、1時間20分30秒が大会記録となり、これに基づきリザルトを出します。) 13 GPS機能等の都合上、参加者各自の走行環境等により、誤差が生じる場合がありますが、ご承知の上でお申し込みください。 14 大会開催期間中であれば、何度でも計測していただいて構いません。ただし、記録の送信は1回のみとなりますので、ご注意ください。複数回計測を行う場合は、1回ずつスクリーンショットを保管し、最終的に1回分のみの記録を送信してください。 15 制限時間の設定はありません。ただし、一度スタートした場合は1回(=1日)で参加種目の規定距離を一気に走破してください。複数回(=日)に分けて走行し、合計して参加種目の規定距離を走破した記録は無効とします。 16 記録送信時に必要な参加者に割り当てられるナンバーや詳細な案内は、申込期間終了後、大会開催期間1週間前までにご登録のメールアドレスに配信します。(団体の部もメンバー全員に配信します。)大会事務局のメールアドレス「t-spo-jigyo2@sankei.co.jp」からメールが受信できるように設定願います。

新型コロナウィルス対応

17 新型コロナウイルス感染リスクを抑えるため、参加者自身で3密の回避、咳エチケットの順守に努め、安全に走行できる環境下で参加してください。 18 3密回避のため、集団走行はお控えください。複数人で走行する場合は、十分な距離を保つなど、新型コロナウイルス感染防止に努めてください。 19 申込期間及び大会開催期間中に政府による緊急事態宣言が発令された場合は、大会を事前予告なく中止する場合があります。ご了承ください。 20 参加者自身の在住及び走行地域が属する都道府県や市区町村の独自の条例など(都道府県独自の緊急事態宣言など)を順守し、参加してください。

大会結果

21 参加種目内での順位などの大会リザルトは、大会開催期間後、大会指定アプリ内の本大会ページから確認できます。発表日は決まり次第、大会公式HPやFacebookでお知らせします。 22 完走証はデジタル形式のWEB完走証となります。大会開催期間後、大会指定アプリ内の本大会ページからダウンロード可能となります。配信開始日は決まり次第、大会公式HPやFacebookでお知らせします。

団体の部注意点

24 代表者含め計3人の参加者情報をご登録ください。その際、入力する代表者は他2人の登録情報に誤りのないようご注意ください。誤登録があった場合、失格とみなす場合もあります。 25 3人で同日時及び同コースで走行する必要はありません。記録の送信は、それぞれで行ってください。大会リザルトの対象となる3人分のタイム集計は、大会事務局で行います。

問い合わせ先

<サンケイスポーツ内・大会事務局>

t-spo-jigyo2@sankei.co.jp

※件名に必ず「千葉マリンマラソン」と入力してください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、大会事務局の業務を一部縮小しています。
 お問い合わせは、メールのみの受け付けとなります。ご了承ください。

サンスポ千葉マリンマラソン大会における医療体制の実績について

<サンスポ千葉マリンマラソン大会における医療体制の実績について直近の大会を中心に紹介いたします。>

サンスポ千葉マリンマラソン大会は日本陸上競技連盟公認大会であり、競技及び大会運営は「日本陸上競技連盟当年度競技規則」に基づいて開催されています。
本規則の「〔国内競技会〕第120条 競技会役員」において主催者が任命する必要な役員に医師(医務員)が明記されています。
本大会は冬期に開催され、会場(往復コースの為半径10km前後)が広範囲にわたる他、参加者1万人以上が同時間・場所に集まるために、参加者・関係者などの体調等不測の事態に備えて、医療係として千葉市をはじめ、医師、看護師、消防署、警察署、AED隊、近隣病院、千葉市医師会など様々な医療従事者団体にご協力を頂き運営しています。

・準備/大会開催10ヶ月前より実行委員会などの会議を通じて安全・安心の運営をめざして協議を重ね、前日準備にて責任者を中心に現場にて事前打ち合わせなどを実施いたします。
・当日/医師2名、看護師5名、消防署員、警察署員、保健師、AED隊他、千葉市内の4つの病院に緊急搬送などに備えての準備など人的なご協力他、救急医療品、救急車、関連車両、AEDなどと、通信連絡装備や簡易医療エリアの確保など、多岐にわたる準備で参加者等の体調管理に臨んでいます。
簡易医療エリアはメイン会場を中心に、第1~5の簡易救護所、全6エリアに分かれ設置され、大会当日早朝から競技終了または、体調不良者が会場より退出するまで従事しています。
このような体制を天候不良や気温の高低に関わらず40年以上も毎年ご協力頂いてまいりました。
主催者を代表して全ての関係者に感謝するとともに、改めて参加するランナーの皆様にもこれまでの実績とこれからのご協力体制についてご理解を頂ければ幸いです。