TOP_Photo
STARTS
お問い合わせ先 大会パンフレットダウンロード

参加の手引きダウンロード
NEWS
2017.2.2

◆ 年代別表彰のネット掲載は、2月4日(土)から!

詳しくはこちら‣‣‣http://runnet.jp/
※表彰状の発送は、2月中旬となります。今しばらくお待ちくださいませ。

2017.1.22

◆ 大会は無事終了いたしました。来年のご参加お待ちしております。
※全完走者成績は2/1~2/3サンケイスポーツに掲載予定です。
※来年度大会のエントリー開始は9月頃を予定しております。

2017.1.22

◆ 『第41回サンスポ千葉マリンマラソン』は、本日予定通り開催いたします。
周辺は交通混雑が予想されます。できるだけ公共交通機関をご利用下さいますようお願いいたします。

2017.1.20

◆ 当日の開催可否確認は、こちら から


2017.1.18

◆(続報)参加通知証未着について


現在、千葉県エリアの参加通知証未着のお問い合わせを多数頂戴しております。
県内の郵便事業の不具合により、特に千葉県西部にて遅れが生じている模様です。
大会日までに到着しなかった場合はZOZOマリンスタジアム正面前に設置される、『選手相談所』までお越しください。

また、前日受付≪1月21日(土)13:00~15:30≫をZOZOマリンスタジアム正面玄関前で実施いたしますので、ご利用ください。

◆郵便物についてのお問い合わせ

TEL:0120-23-28-86(平日8:00~22:00/土・日・祝日9:00~22:00)
https://www.post.japanpost.jp/question/contact_us/index2.html

◎お送りした参加通知証の特徴:長3封筒/白/窓付き
◎投函日:1月10日(火) 新東京郵便局より普通郵便にて発送。(料金別納)
◎差出人:サンスポ千葉マリンマラソン大会事務局

2017.1.18

◆ 千葉ロッテマリーンズからのゲストが井上晴哉選手に変更になりました!


当初来場が予定されておりました細谷圭選手は、一身上の都合により変更となりました。

2017.01.17

◆ レイトエントリーでお申込みをされた方へ


CNプレイガイドにてレイトエントリーをされた方は、エントリー完了時に発券されたチケットを必ずお持ちのうえ、「選手相談所」 (地図参照)までお越しください。レイトエントリー専用窓口がございます。
またご来場の前に必ず「参加の手引き」をご一読のうえ、ご参加ください。

2017.01.16

◆ 「参加通知証」の未着に関して


強い寒気に伴う降雪の影響により、一部の地域で郵便物等のお届けに遅れが発生しております。
また各郵便局によって配送事情が異なりますため、参加者の皆様の中でもお届け日に差が生じる場合がございます。
エントリーの確認をご希望される場合は、大会事務局(03-6800-4519/平日10時~17時)までご連絡ください。
(通知証と同封しております「参加の手引き」はHPにてご確認くださいませ。)

諸事情で最終的に未着の場合も、「選手相談所」にて再発行手続き(無料)をさせていただきます。 何卒ご了承ください。

2017.01.13

◆ 1月10日(火)に参加通知証を発送しました!

16日(月)を過ぎても届かない場合は、大会事務局(03-6800-4519/平日10時~17時)までご連絡ください。

※建物名の未記載や、宛先の苗字の記載ミス(○○様方との記載がない等)がある場合は届かないケースがございます。

2017.01.05

◆ 参加通知書は1月10日(火)発送予定です。

※1月17日までに届かない場合は、大会事務局までご連絡下さい。
※レイトエントリーの方は、事前の参加通知書発送はありません。
参加費お支払時に発行されたチケットを当日お持ち下さい。
また参加にあたっては、HPに掲載されている『参加の手引き』を必ずご一読の上、ご参加ください。

2016.12.06

◆ エントリー締切ました。

2016.12.05

交通規制図を掲載いたしました!

2016.11.11

◆ 『スポーツナビDo』でのお申込みが可能となりました! → こちら

2016.9.16

◆ エントリーを開始しました! → こちら

 
2016.9.16

◆ 第41回大会のHPをオープンしました。

大会ゲスト
YOSHIO KOIDE 小出義雄さん

有森裕子、高橋尚子ら五輪メダリストを育てたマラソン指導第一人者。
1939年千葉県生まれ。順天堂大学で箱根駅伝を3回走る。
卒業後、23年間高校で教鞭をとり陸上部の指導にあたる。
86年には市立船橋高校が全国高校駅伝で優勝。
88年教職を辞し、実業団チームの監督に。2001年佐倉アスリート倶楽部設立。
リクルート・豊田自動織機・ユニバーサルが全国実業団対抗女子駅伝で優勝。
現在も実業団女子陸上競技部を指導中。活動拠点は千葉県佐倉市。

NAOKO TAKAHASHI 高橋 尚子さん

スポーツキャスター、マラソン解説者。
1972年5月6日生まれ、岐阜県出身。
中学から本格的に陸上競技を始め、県立岐阜商業高校、大阪学院大学を経て実業団へ。
98年名古屋国際女子マラソンで初優勝、以来マラソン6連勝。2000年シドニー五輪金メダルを獲得し、同年国民栄誉賞受賞。2001年ベルリンでは女性として初めて2時間20分を切る世界記録(当時)を樹立する。08年10月現役引退を発表。
現在は公益財団法人日本陸上競技連盟理事、公益財団法人日本オリンピック委員会理事。その他「高橋尚子のスマイル アフリカ プロジェクト」や環境活動、スポーツキャスター、JICAオフィシャルサポーターなどで活躍中。

YUKI YAGI 八木 勇樹さん

マラソンランナー
西脇工業高等学校→早稲田大学→旭化成→プロランナーとして独立。
高校2年時のインターハイと国民体育大会で5000m日本人トップ。世界クロスカントリー選手権の日本代表にも選ばれた。高校3年生のインターハイも日本人トップになり、同年の国民体育大会では外国人選手を退け優勝。 高校2年時からトラック競技で日本人に無敗という驚異的な成績を残した。
高校卒業後、早稲田大学へ進学。3年時から4年時にかけて競走部主将となり、駅伝3冠(出雲・全日本・ 箱根)、関東インカレ・日本インカレ総合優勝の5冠という史上初の快挙を達成した。
大学卒業後、旭化成陸上部に所属。2014年ニューイヤー駅伝ではインターナショナル区間の2区で23分20秒の日本人歴代最高記録をマーク。同年、実業団代表として海外のハーフマラソンに出場。
2016年6月末で旭化成を退社し、株式会社OFFICEYAGIを設立。東京五輪でのメダル獲得のため競技に励みながら、陸上界に変革を起こすべく、YAGI RUNNING TEAMを発足し、自身の競技力向上と共に市民ランナーのサポートも行う。

SEIYA INOUE 井上 晴哉さん

千葉ロッテマリーンズ所属選手
1989年7月3日(27歳)180cm 114kg A型 右投げ右打ち 内野手
【経歴】崇徳高-中央大-日本生命-千葉ロッテ(13年 ドラフト5位)

クレジット
OFFICIAL SPONCOR