OFFICIAL SPONCOR
お問い合わせ先
大会パンフレットダウンロード

大会ゲストGUEST

AKEMI MATSUNO 松野 明美さん

元オリンピックランナー、タレント、熊本県議会議員

1968年、熊本県生まれ。
駆け足が遅く、いじめられっ子でおとなしい性格だったが、 小学校5年生のときに出場した町内陸上大会で優勝。 1位でゴールしたときの両親の笑顔がうれしくて、 マラソンに目覚め、「いちばんを目指す人生」が始まる。

高校卒業後、ニコニコドーに入社し、陸上部に所属。
1987年、全日本実業団対抗女子駅伝に初出場し、 12人をごぼう抜きする。 これにより一躍注目のランナーとなる。 1988年、ソウルオリンピック1万メートル競技に出場。 人の2倍、3倍、それでもだめなら4倍の猛練習をし、 数々の記録を残す。

引退後、結婚し、2002年、長男・輝仁(きらと)が誕生。
翌年、次男・健太郎が誕生するが、ダウン症という障がいがあることがわかる。 「明るく元気な松野明美」のイメージが崩れてはいけないと 健太郎を一生隠そうと決心するが、 日々の成長や笑顔が、著者の心を少しずつ変化させる。 健太郎の子育てを通じて、 「人生は人との競争じゃない、いちばんじゃなくてもいい」と 気づかされる。 現在は、自身のマラソンや子育ての経験をもとに、 講演、タレント、ゲストランナーなど幅広く活動をする。 著書に『いちばんじゃなくて、いいんだね。』(アスコム刊)がある。

松野明美 公式サイト
http://www.matsunoakemi.net

UTARA うたらさん

シンガーソングライター
静岡県出身。

うたらは知人の子供の名前でもあり、歌(うた)で笑(ら)顔にという想いが込められている。 素直な想いを込めた歌詞と、透きとおり優しくもどこか力強い歌声は、聴く人の心を癒し笑顔にする。 2011年に、なんでモールにて「うたらワンマンマンスリーライブ」をスタートさせる。 毎月第一金曜日に行い、2018年3月には85回目を迎え今も継続中。 その他にも、静岡県内や愛知県を中心に各地でライブハウス、野外イベント、ショッピングモールなどでライブ活動を行っている。

また、CMソングタイアップや社歌のボーカルに抜擢されるなど活躍の場が広がっている。 2016年にニューヨークのアポロシアターアマチュアナイトに挑戦。 オーディションは惜しくも落ちるが、 待ち時間にアポロシアターで行われるイベントでオリジナルソング、愛の歌を披露し大きな拍手と歓声をあびる。

今回、完走を目指し諦めずに走るランナーの姿に感銘を受け、千葉マリンマラソンのテーマソング『この道の先へ』を制作。



招待選手invitation

YUKI YAGI八木勇樹さん

高校2年時のインターハイと国民体育大会で日本人トップ。
世界クロスカントリー選手権の日本代表にも選ばれた。
高校3年生のインターハイも日本人トップになり、同年の国民体育大会では悲願の外国人選手を退け優勝。高校卒業後、早稲田大学へ進学。
3年時から4年時にかけて競走部主将となり、駅伝3冠(出雲・全日本・箱根)を達成。
大学卒業後、旭化成陸上部に所属し、入社後に全種目自己記録を更新。
2014年ニューイヤー駅伝ではインターナショナル区間の2区で23分20秒の日本人歴代最高記録をマーク。

2016年6月末で旭化成を退社し、株式会社OFFICE YAGIを設立。
東京五輪でのメダル獲得のため競技に励みながら、陸上界に変革を起こすべく、YAGI RUNNING TEAMを発足し、自身の競技力向上と共に市民ランナーのサポートも行う。
2017年5月に、表参道で低酸素トレーニングや身体データ測定を行えるジム、SPORTS SCIENCE LABをオープンさせる。
2018年6月、ケニア共和国・イテンで、育成型トレーニングキャンプRunning Development Camp KENYAを設立。


RDC KENYA(Running Development Camp KENYA)とは

ケニア育成型トレーニングキャンプ
Running Development Camp KENYA(RDC KENYA)
拠点:ケニア共和国・イテン
代表:八木勇樹
公式サイト: https://kenya.run-dev-camp.com

現在プロランナーとして活動し、株式会社OFFICE YAGIの代表取締役でもある八木勇樹。
八木自身が2018年1月 からケニアで実施した2ヶ月半にわたるトレーニングで、「ケニアの貧困の問題による不十分な栄養」、「個々の競技能力・特性に合っていないトレーニング」、「競技能力は高いがレース出場機会がない」など、様々な課題を目の当たりにした。
と同時に、自身の経験を活用することで、それらの課題を解決することが可能であり、その結果、ポテンシャルに満ち溢れたケニア人ランナーの育成・レース出場機会の創出を実現できると確信し、RDC KENYAを設立するに至る。

自身がプロデュースするスポーツジムSPORTS SCIENCE LABで得た知見やノウハウも活かし、従来になかった育成型トレーニングキャンプとして、ケニア人ランナーを中心とした世界一のランニングチームを目指す。


メンバープロフィール

Philip Kiptoo Rutto
【BIRTH】1985/1/1
【PB】Half 1.01.48
【RESULT】
2012 Naturpark Schönbuchlauf25km 優勝
2012 Sparkassen Cross Pforzheim 優勝
2016 Sparkassen Cross Pforzheim 3位

Paul Kipkurui Chirchir
【BIRTH】1989/10/9
【PB】3000m 8’01”83・Half 1.03.45
【RESULT】
2011 Gent Flanders Indoor 3000m 6位
2015 Ahmedabad Sabarmati Half Marathon 4位

Christopher Cheruiyot Kipruto
【BIRTH】1991/11/25
【PB】Half 1.01.42
【RESULT】
2015 Swansea Bay 10K 2位
2015 Vancouver Sun Run 2位
2015 Bristol Half Marathon 2位
2016 Vancouver Half Marathon 2位

Elijah Tirop Selem
【BIRTH】1992/12/23
【PB】 Half 1.00.55 Full 2.12.07
【RESULT】
2013 Brighton Marathon 4位
2015 Verona Giulietta & Romeo Half Marathon 優勝
2015 Madrid Half Marathon 2位
2015 Nice Half Marathon 2位
2015 Karlovy Vary Half Marathon 優勝
2015 Ústi nad Lábem Half Marathon 3位

Raymond Kiprono Komen
【BIRTH】1993/10/12
【PB】Full 2.17.27h

Felix Mursoi Kurui
【BIRTH】1998/10/28
【PB】Half 1.04.19
【RESULT】
2017上海ハーフマラソン優勝